サプリメントの販売店と天然成分の商品について

サプリメントの販売店と天然成分の商品について

サプリメントの広告では、原材料が天然成分であることを
売りにして販売していることが多いようです。

 

天然成分と言うのは、サプリメントの原料に、
人工的に製造したものでは無く、
自然の成分を使用しているという事です。

 

人気があるものは天然成分を使ったサプリメントですが、
合成成分のサプリメントも色々販売されていますので、
商品を検討する時に確認するといいでしょう。

 

使う人が多いサプリメントに、ビタミンCサプリメントがあります。
サプリメントはレモンやオレンジに含まれている栄養素なので、
そういったものから成分を抽出している印象があります。

 

果物に含まれているビタミンCは加熱すると失われてしまうという
ネックがあるので、加工には不向きです。
それができる機械が存在しないわけではないですか、
設備投資やその様々な点でお金がかかり、
どうしても価格設定が高くなります。

 

原材料にトウモロコシを使い、ここに合成成分を加えることで
ビタミンCサプリメントを製造するというやり方があります。
天然成分100%のサプリメントよりも、やすい金額で採算がとれます。

 

さまざまな製造方法によるビタミンCのサプリメントは天然成分と
書かれて販売店で売られていますが、実際は天然成分とはいえないのです。

 

どんな原料が元になっているかを調べることによって、
天然成分のサプリメントかが大体わかります。
自然界に存在している動植物の名称が原料欄に
書かれているのであれば、天然素材のサプリメントと判断できます。

 

成分の名前を表記している場合は、
ビタミンCなら合成のビタミンCを使ったサプリメントであるといえます。
原材料が天然か、合成かの確認方法ではオーソドックスなやり方ですが、
表記の内容によっては、表示だけではわからない商品もあります。

 

店員に尋ねてみたり、電話やホームページで製造メーカーに
聞いてみるという手段もあるでしょう。
体内に栄養成分を吸収する効率を考えた場合、
合成成分のほうが、天然成分よりも低くなるといいます。

 

 

 

関連ページ

サプリメントの販売店
サプリメントの販売店
サプリメント販売店と最低限の知識
サプリメント販売店と最低限の知識

ホーム RSS購読 サイトマップ
サプリメントの正体の正体 悩み症状別サプリメント サプリメント会社の選び方 私が飲んでいるサプリ