薬とサプリメントの飲み合わせ

普段からサプリメントを飲んでいるという人は多いですが、
サプリメントと薬には飲み合わせがあります。

 

サプリメントを使えば、毎日の食事分では足りなくなりやすい
栄養成分を確実に取り入れることができます。

 

もしも、普段から飲んでいる薬があるという人は、
サプリメントを併用して問題がないかを確認する必要があります。

 

予期せぬ副作用や、薬の効果の表れ方が、
サプリメントの影響で出たりもします。代表的な例が、
脳こうそくや心臓疾患の治療薬として使うワーファリンという薬です。

 

ビタミンKは血液凝固剤の合成のために必要な成分で、
天然の食材では納豆やクロレラに多く存在しているものです。

 

ビタミンKとワーファリンを併用すると、
体内でビタミンKがワーファリンの効果をストップさせてしまいます。
結果的に、ワーファリンの効果が弱まってしまうのです。

 

もしも薬を飲んでいる人が、これからサプリメントも使いたいという時は、
かかりつけの医師に相談するといいでしょう。

 

とはいえ、薬と薬の相性と異なって、薬とサプリメントの関係に関しては、
十分な知識を持っていないという医師もいるようです。

 

サプリメント会社の窓口によっては、電話で薬との関係について
丁寧に教えてくれるようなカスタマーサービスを行っています。

 

自社商品のサプリメントと、医薬品との飲み合わせをデータ化して保有しており、
それぞれの薬とサプリメントの関係はどのようであり、摂取する上で注意したほうが
いいことなどを教えてもらえます。

 

サプリメントの販売会社が保有しているデータで、
薬とサプリメントとの関係性を確認しておくのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

サプリメントと薬の飲み合わせ

近年、サプリメントを使って栄養を取り入れる人がふえています。
サプリメントを使う時は、飲み合わせに注意しましょう。

 

サプリメントの中には、薬との飲み合わせを気をつけたいものがあります。
薬とサプリメントを併用すると、互いに影響を及ぼし合う恐れが
あることがその理由です。

 

どういったものを飲んでも、サプリメントであれば大丈夫というわけではないので、
要注意が必要です。飲み合わせに注意をしたい組み合わせには、
ワーファリンと青汁があります。ワーファリンは血液をさらさらにする薬ですが、
ビタミンKの多い青汁やクロレラは血液を固める作用があるので、
互いの効果が相反してしまうのです。

 

ピルなどの避妊薬を服用している状態で、
サプリメントで鎮静作用を得ていると、避妊の効果が十分でないことがあります。
サプリメントと抗うつ剤を併用していると組み合わせによっては抗うつ剤の
効果が出すぎて、セロトニン症候群という症状が出ることがあります。

 

サプリメントと薬は、飲み合わせが良くないと逆に体に悪影響を
及ぼしてしまうことがありますので要注意です。

 

いつも飲んでいる薬がある場合、事前に担当医に話をしてから、
サプリメントを使うようにすると安心です。電話やメールで、
利用者の質問に答えてくれるサプリメントの会社も最近は増えています。
サプリメントと薬を同時に使う時は、飲み合わせもOKであることを事前にチェックしましょう。

トップへ戻る