飲み合わせとサプリメントの弊害

サプリメントは、飲み合わせによって弊害が
発生することがありますので、
飲む時には気をつけなければいけません。

 

どんな弊害が、サプリメントにはあるのでしょうか。
具体的に、サプリメントによって起こりうる弊害の内容や、
その組み合わせを見てみましょう。

 

ビタミンDは、小腸がカルシウムを取り込む作用を
サポートする効果があります。
そのため、カルシウムとビタミンDを同時に摂取できる
サプリメントもあります。吸収を促進する例もあれば、
逆に吸収を邪魔する例もありますので、
栄養素のマッチングには気をつけましょう。

 

鉄分とカルシウムを一緒に飲むと、互いが互いの
吸収を邪魔することになり、結果的にどちらの成分も
取り入れにくくなります。

 

キトサンとDHAは、ダイエットサプリメントによく使われている成分で、
体内に蓄積されている脂肪を出す作用がありますが、
時には健康を悪化させることがあります。
これらは飲み合わせに気をつけたいサプリメントの例です。
薬とサプリメントで、弊害が出ることがあります。

 

サプリメントを飲んでいて、治療のための薬も飲まなければいけない人は、
薬剤師さんなどに話を聞いてみてください。薬とサプリメントとでは、
相互干渉がよくない弊害を産むものもあります。

 

マグネシウムは利尿の薬と一緒に飲めませんし、
経口避妊薬は大豆イソフラボンと一緒には飲めません。
心臓に持病があるという人は、グレープフルーツジュースや、
その成分を配合したサプリメントは避けましょう。

 

サプリメントを飲む時には、飲み合わせで弊害が発生しないように
気をつけて、トラブルが起きないようにする必要があります。

トップへ戻る