サプリメントの種類と販売店

もしもサプリメントを店で買うのであれば、
どんな成分が含まれているかを把握することが重要です。

 

サプリメントに使われている原材料が、天然成分なのか、
合成成分なのかは、とても大事なことです。
サプリメントの原料にどんなものが使われているかは
とても大事なことで、天然素材か合成素材かはその最たるものです。

 

サプリメントの原材料が天然成分である場合、
それは自然界に存在する物質から抽出した成分などを使っています。

 

合成成分とは、化学的に成分を合成してつくった成分であり、
これらを含むサプリメントが合成成分のサプリメントです。

 

ビタミンCのサプリメントを使っている人は多いですが、
天然素材のビタミンCとは、オレンジやレモンなどの
柑橘系フルーツから取り出しています。

 

合成成分は、ビタミンCやオレンジのように自然界の姿
そのままのビタミンCではなく、トウモロコシの糖分から
化学的に製造したものなどです。

 

ビタミンCの合成サプリメントの多くは、トウモロコシの糖分が
もともとの原材料だといいます。トウモロコシの糖分自体は
自然界に存在する材料ですが、そこから合成によって
ビタミンCを作るという仕組みです。

 

ビタミンCがを合成していることから、合成成分のビタミンCであると
いえるのです。製造の過程で手間がかかるために、
天然成分からつくるサプリメントは、値段が高めです。

 

合成成分よりも価格は高いですが、天然成分のサプリメントは
体内に吸収されやすいため、お店で購入する時には向いています。

トップへ戻る