日本とアメリカのサプリメントを購入する時

店舗が扱っているサプリメントには、
日本で製造されたものだけでなく、
アメリカなど海外の商品も流通しています。

 

輸入サプリメントと、国内のサプリメントは、
どこに違いがあるのでしょう。

 

日本国内では、ドラッグストア、コンビニ、通販など、
様々な店舗でサプリメントを購入することができます。
サプリメントの歴史がずっと古いアメリカでは、
様々なサプリメントが取り扱われています。

 

アメリカのサプリメントを購入したいという人は、
日本で並行輸入を行っているサプリメントの販売店を
利用することで、買いやすくなってきているといいます。

 

アメリカ製のサプリメントを店頭に陳列している店もあり、
少し前と比べてもずっと買いやすくなっています。
あくまで食品としてサプリメントを販売する以上、
日本では特定の効能があるような表示をすると
法律違反になります。

 

また、成分表示をチェックしようとしても、
どんな成分や原材料が使われているかについては、
必ずしも全部は書かれてはいません。

 

日本のサプリメントは、アメリカで製造されている
サプリメントと比較すると含有成分か少なく、
サプリメントで摂取したい成分量が足りないと
感じる人も大勢いると言われています。

 

サプリメントは食品という分類で、日本では取り扱われています。
そのため、日本のサプリメントは、原材料や製造工程を
表示する義務はありません。

 

国内で製造販売されているサプリメントは、
あまり効果が高くなりすぎないように、
成分量を減らしている時もあります。

 

サプリメントの販売店で購入した国産のサプリメントでは
効果が今1つだったという人は、アメリカのサプリメントも
視野に入れてはどうでしょう。

トップへ戻る