サプリメントと健康食品について

 

美容のため、健康増進のためにサプリメントを飲む人は、
近年では珍しくなくなっています。

 

サプリメントの意味は補うもの、つまり健康補助食品という意味があります。
アメリカはサプリメントに関する法律が日本とは異なっており、
サプリメントの定義づけがされています。

 

アメリカの法律ではサプリメントは健康食品と薬品の中間です。
ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含みます。

 

栄養補給が使用用途であること、パウダー、カプセル、
錠剤など見た目の形状が食品とは違っていることも条件の1つです。

 

日本で使われているサプリメントも、カプセル、錠剤、ドリンクなど
一目で食品とは異なるものばかりです。

 

また、ビタミンやミネラルなど、
食品だけでは栄養不足になりがちな成分がつかわれています。

 

健康食品とは自然界に存在するものの中で健康に良いと思われるものから、
発酵、乾燥、抽出などの方法で成分を抽出したものというイメージかもしれません。

 

錠剤、カプセル、液体のほかにも、
一般的な加工食品の形でも販売されています。
健康に良い食品というような曖昧な位置づけになっています。

 

日本の法律ではサプリメントと健康食品は同じ食品の扱いではないといいます。
健康食品とサプリメント、明確な線引きがないままに日本では食品として扱われています。

 

トップへ戻る