ビタミンサプリメントの天然成分と人工成分について

 

色々なメーカーがビタミンサプリメントを販売しているため、
種類が多すぎて判断に迷ってしまうという人は多いようです。

 

ビタミンに限らずサプリメントは、
天然成分と人工成分の2種類の成分があることはよく知られていることです。
天然と合成の違いとは、一体どのような部分あるものなのでしょう。

 

ビタミンで天然成分というと、レモンやイチゴなどのフルーツや野菜などです。
普通に私たちが食べている食材を精製したり抽出して出来た成分です。

 

自然界に存在しているものから作られるものが天然の成分です。
体に必要な栄養が吸収されやすく、
自然界に存在しているものを使うので安心して口に入れることができます。

 

ビタミンのサプリメントの中で、人工成分による商品もあります。
化学的な手法で製造された成分であることから、合成化合物ともいいます。

 

人工成分のビタミンサプリメントは天然のものでは無く、
合成された成分なので体に吸収されにくいという特徴があるようです。

 

天然成分のサプリメントと比較して価格が安いというメリットもあります。
天然成分も、合成成分も、いい部分とあまりよくない部分とがあります。

 

各々の効果を認識した上で、ビタミンサプリメントを選択してみてください。

 

トップへ戻る